南スーダンの邦人退避へ空自機派遣 治安悪化で

2016/7/11 21:29
共有
保存
印刷
その他

 治安情勢が悪化している南スーダンから国際協力機構(JICA)関係者ら邦人を避難させるため、航空自衛隊のC130輸送機が11日、小牧基地(愛知県)を出発した。那覇基地を経由し、数日かけてアフリカ北東部のジブチまで飛行、南スーダンの首都ジュバへの着陸が可能か判断する。

南スーダンの邦人退避のため、航空自衛隊小牧基地を離陸するC130輸送機(11日夕、愛知県小牧市)=共同

 これに先立ち、政府は持ち回り閣議で、C130輸送機の現地派遣を決定。中谷元・防衛相が派遣命令を出した。

 首都ジュバにはJICA関係者約50人を含む約70人が滞在している。現地では陸上自衛隊の施設部隊が国連平和維持活動(PKO)に参加。邦人保護のため、陸自PKO部隊がジュバ市内での陸上輸送なども検討する。JICA関係者らを空港まで陸路で輸送し、南スーダン国外に退避させることも視野に入れる。

 PKO法に規定する業務で、邦人退避のために実施すれば初のケースになる。中谷氏は11日、防衛省内での幹部会議で「スピード感を持って対応する」と述べた。

 現地では陸自隊員約350人がPKOの施設整備の任務にあたっている。PKO派遣の前提となる5原則は紛争当事者間の停戦合意などを挙げているものの、7日に政府軍と反政府勢力による銃撃戦が発生し、陸自部隊は宿営地内にとどまり、活動を中止した。

 菅義偉官房長官は11日の記者会見で「5原則が崩れたとは考えていない」と述べ、陸自部隊は当面撤退させない意向を表明した。ただ政府関係者は「(撤退は)総合的に判断する。現地の状況は流動的だ」としている。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:01
東北 7:01
7:01
関東 7:01
7:01
東京 7:00
7:00
信越 7:00
7:00
東海 7:05
7:01
北陸 6:02
6:01
関西 6:05
6:01
中国 7:01
7:00
四国 7:01
7:00
九州
沖縄
10:33
6:00

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報