2019年2月23日(土)

民進代表選、「共闘」が争点 反執行部「新しい顔必要」

2016/7/12 0:22
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

参院選から一夜明けた11日、民進党内で9月予定の代表選をにらんだ駆け引きが始まった。岡田克也代表は続投の可能性を探るが、党内では選挙結果に不満を抱き対抗馬を模索する声も出ており、前原誠司元外相ら保守系議員の名がささやかれる。次期衆院選をにらみ、共産党との共闘路線の是非が最大の争点になる見通しだ。

岡田氏の周辺は11日、野党共闘について「実現していなかったら大惨敗していたのは明らかだ」と強調した。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報