/

SNS使った販売拡大例公表 経産省、中小の利用促す

経済産業省は11日、交流サイト(SNS)を使って販売を拡大した企業の事例集を公表した。SNS最大手の米フェイスブックを使ってコメを消費者に直接売る農家や、中国人観光客を呼び込んだ宝飾品販売店などを紹介。低い認知度に悩む中小企業にSNSの活用を促す狙いだ。

事例の対象としたのは食品、流通、製造、金融業など各分野の42社。米IBMといった海外の有名事例から、社長1人がSNSで販売促進に取り込むケースまで多様な事例を調査し、収益改善の効果を検証した。

経産省は中小企業の生産性改善のため、IT(情報技術)の活用が有効とみている。SNSを使えば、従来の顧客層にとらわれない販売が可能になるとみて、活用する中小企業を増やしたい考えだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン