/

この記事は会員限定です

フィンテックなど新事業育成へ規制一時凍結

政府が試行期間

[有料会員限定]

政府は規制改革のスピードを上げるため、新たな手法を導入する。企業の要望を受けて省庁が関連法制を一時凍結し、全国で迅速な実証を可能にする。金融とIT(情報技術)を融合したフィンテックやシェアリングエコノミー(共有型経済)など先進的な市場が急拡大していることを踏まえ、柔軟な運用で規制に風穴をあけて企業の新事業育成を促す。

「日本版レギュラトリー・サンドボックス」(トライアル特例)の名称で、12日の未来...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り570文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン