余剰分の再生エネ、融通義務付けへ 大手電力間で

2015/11/12 0:02
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

経済産業省は再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度で、大手電力会社が再生可能エネルギー事業者から受け入れてあまった電力を互いに融通することを義務付ける方針だ。電力会社間で電力をやりとりする際の詳細なルールを検討し、2017年度以降に新制度の適用を始める考えだ。

大手電力は現在、再生エネルギー事業者から太陽光や風力などの再生可能エネルギーを受け入れている。ただ再生可能エネルギーは天候や風向きによ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]