首相、野党の1人区協力「常識では野合だ」

2016/6/11 19:56
保存
共有
印刷
その他

松山市内で集まった人たちと握手する安倍首相(11日)

松山市内で集まった人たちと握手する安倍首相(11日)

安倍晋三首相は11日、松山市内で街頭演説し、参院選で民進、共産両党が1人区などで協力を進めていることに関して「多くの政策の違いを横に置いて一緒になった。常識では野合だ」と批判した。共産党が自衛隊の段階的解消を掲げているとしたうえで「民進党にはもれなく共産党が付いてくる」と強調した。

野党には「統一した経済政策がない」とも批判。アベノミクスの実績を強調したうえで「道半ばだ。実感できていない人が多くいる」と語り、政策推進に理解を求めた。

民進党の岡田克也代表は滋賀県草津市内で街頭演説し「アベノミクスは壊れており、そのアクセルを踏めば空中分解する。謙虚に自らの誤りを認めるべきだ」と批判した。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]