生前退位「恒久制度に」76% 本社世論調査

2016/8/11 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本経済新聞社の世論調査で、天皇陛下の「生前退位」を容認する人の76%が恒久的な制度を求めていることが明らかになった。政府内には今の天皇に限った特例法での対応を探る動きもあるが、一代限りの制度を求めたのはわずか18%。女性・女系天皇や女性宮家を併せて検討すべきだとの声が半数を超え、皇室制度全体の議論に発展する可能性がある。

陛下の意向に沿った対応を求める世論を受け、政府は9月にも有識者会議を設け…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]