/

この記事は会員限定です

日本版「HACCP」再編へ 食の安全、国際標準めざす

[有料会員限定]

中国の使用期限切れ鶏肉の利用で再び「食の安全」が脅かされ、食品の衛生基準の見直し機運が高まっている。国内企業が導入する食品加工工場の衛生基準「HACCP(ハサップ)」は、鶏肉不正の舞台となった中国企業も取得していたと判明し、消費者の不安は募る。農林水産省は国内で乱立するHACCPを再編し、国際基準の取得も促して安全対策を強める。

HACCPは1993年に国際機関、食品規格(コーデックス)委員会が指...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り938文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン