/

この記事は会員限定です

イオンや全農など、高級農産品をアジア直送

農水省連携

[有料会員限定]

農林水産省はイオン、全国農業協同組合連合会(全農)などと連携して国産ブランド農産品を輸出する新たな仕組みをつくる。北海道産メロンなどの果物やコメを産地からアジアの富裕層の自宅に最短5日で直送する。海外での和食ブームや国産果物の人気を受け、農水省が10日発表した今年1~6月の農水産品・食品の輸出額は3546億円と過去最高になった。政府は今回の仕組みも活用し「2020年に年間1兆円」の輸出目標の前倒し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り754文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン