/

この記事は会員限定です

日本原電の債務保証継続 関電など4社、1000億円

[有料会員限定]

関西、中部、北陸、東北の電力大手4社は、原子力発電専業の日本原子力発電に対する債務保証を2015年度も続ける方針だ。金融機関から借りている約1000億円の債務を保証する。ただ筆頭株主の東京電力はこれまで実施してきた原電への資金支援を15年度に実施するか決めていない。原電の再建は不透明な局面が続きそうだ。

原電は近く電力各社に債務保証の継続を正式要請し、4社が応じる。原電は保証をもとに、4月に期限...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り451文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン