名ばかり研究大国ニッポン 目先主義、革新生まれず

2017/5/14 21:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

人工知能(AI)やロボットを駆使する第4次産業革命が世界で進む中、経済成長の持続に向け、企業の研究開発投資の重要性が一段と高まっている。経済規模と比較した投資額でみると日本はいまだ「研究大国」だが、投資額に対して利益を生み出す「生産性」は米国、欧州などに比べ格段に低い。原因はどこにあるのか。(川手伊織)

日本の名目国内総生産(GDP)に対する研究開発費の比率は、2000年以降3%台で推移している…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]