/

この記事は会員限定です

名ばかり研究大国ニッポン 目先主義、革新生まれず

[有料会員限定]

人工知能(AI)やロボットを駆使する第4次産業革命が世界で進む中、経済成長の持続に向け、企業の研究開発投資の重要性が一段と高まっている。経済規模と比較した投資額でみると日本はいまだ「研究大国」だが、投資額に対して利益を生み出す「生産性」は米国、欧州などに比べ格段に低い。原因はどこにあるのか。(川手伊織)

日本の名目国内総生産(GDP)に対する研究開発費の比率は、2000年以降3%台で推移している...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1240文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン