「国の借金」約1030兆円、1人当たり810万円 14年末

2015/2/10付
保存
共有
印刷
その他

財務省は10日、国債や借入金、政府短期証券などをあわせた「国の借金」の残高が2014年12月末時点で1029兆9205億円だったと発表した。今年1月1日時点の総務省の人口推計(1億2702万人)で割ると、国民1人当たり810万円の借金を抱えている計算になる。

「国の借金」は9月末時点から8兆9945億円減った。税収増の影響などで、一時的な資金不足を補うための借金が減った影響が大きい。

12月末の国債の残高は9月末に比べて6兆4114億円増え、874兆2354億円。1年前の13年12月末に比べると約25兆円増えた。15年度の新規国債発行額は約37兆円で、国の借金が膨らむ構造は変わっていない。

財務省の試算では、今年3月末時点の国の借金の残高は1062兆7000億円になる見込み。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]