/

「国の借金」約1030兆円、1人当たり810万円 14年末

財務省は10日、国債や借入金、政府短期証券などをあわせた「国の借金」の残高が2014年12月末時点で1029兆9205億円だったと発表した。今年1月1日時点の総務省の人口推計(1億2702万人)で割ると、国民1人当たり810万円の借金を抱えている計算になる。

「国の借金」は9月末時点から8兆9945億円減った。税収増の影響などで、一時的な資金不足を補うための借金が減った影響が大きい。

12月末の国債の残高は9月末に比べて6兆4114億円増え、874兆2354億円。1年前の13年12月末に比べると約25兆円増えた。15年度の新規国債発行額は約37兆円で、国の借金が膨らむ構造は変わっていない。

財務省の試算では、今年3月末時点の国の借金の残高は1062兆7000億円になる見込み。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン