国会、市場動向に鈍感? 日銀総裁の質疑出番なく

2016/2/11 0:22
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本の長期金利が初めてマイナスになった9日から一夜明けた10日の衆院予算委員会。経済論戦は低調で、日銀の黒田東彦総裁も参考人として国会に呼ばれたものの質疑の出番はなかった。同日は日経平均株価も約1年3カ月ぶりの安値をつけ、世界的に経済不安が広がったタイミング。市場動向への国会の感度の低さが際立った。

10日の予算委に向けては、民主党の細野豪志政調会長、階猛氏、維新の党の今井雅人幹事長らが経済問題…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]