/

この記事は会員限定です

情報収集衛星、10基に増強 宇宙基本計画の工程表改訂案

[有料会員限定]

政府は11日、2024年度までの宇宙政策の基本方針を示す宇宙基本計画に関し、工程表の改訂案を公表した。危機管理を強化するため情報収集衛星は現行の4基から10基体制を目指す。それとは別に、沖縄県・尖閣諸島周辺などの海洋状況の衛星監視を16年度前半から試験的に始める。米軍との連携強化も明記。日本は宇宙利用で安全保障を一層重視する。

改訂案は意見公募などを経て12月に宇宙開発戦略本部(本部長・安倍晋三...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り710文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン