/

この記事は会員限定です

「スマホ端末1万円以上に」官の介入で家計負担増

[有料会員限定]

身近なモノやサービスの価格に政府が口出しする場面が目立つ。規制緩和で民間参入を促す流れがある一方、時代に合わない統制価格のような制度が残り、消費者が利益を感じられないケースも少なくない。官が介入する「官製価格」が新たな問題に浮上してきた。

「消費者の負担が増えただけだ」「国が民間の取引に口を出すな」。総務省が10日に正式にまとめたスマートフォン(スマホ)の販売価格の規制強化策に、パブリックコメント...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り616文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン