日中首脳会談、北京で始まる 約3年ぶり

2014/11/10付
保存
共有
印刷
その他

【北京=中山真】安倍晋三首相と中国の習近平国家主席の会談が10日昼、北京市内の人民大会堂で始まった。本格的な日中首脳会談は2011年12月の野田佳彦首相と胡錦濤国家主席以来、約3年ぶり。

首脳会談は同日午後に開幕するアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議にあわせて開いた。会談時間は30分前後を想定している。

首脳会談では日中両国の戦略的互恵関係の発展を確認するとともに、東シナ海での偶発的な衝突を避けるための「海上連絡メカニズム」の運用開始を話し合う見通し。

日中両政府は首脳会談実現の環境整備として、沖縄県・尖閣諸島を巡る緊張状態に関し、双方が「異なる見解」を持つなどとした4つの合意事項を7日に発表していた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]