アジア > アジアニュース
アジア最新ニュースの掲載を始めました

G7外相会合が今夜開幕 シリア問題協議へ

2017/4/10 10:18
共有
保存
印刷
その他

 【ルッカ=酒井恒平】主要7カ国(G7)の外相会合が10日午後(日本時間同日夜)、イタリア中部のルッカで開幕する。日本からは岸田文雄外相が出席する。シリアのアサド政権に対する米国の武力攻撃を受け、シリア情勢が主要議題となる見通し。北朝鮮の核・ミサイル開発問題についても協議する。これに先立ち、岸田氏は米国のティラーソン国務長官と会談する。

 G7外相会合は11日までの2日間。米国のシリア攻撃を巡っては、日本をはじめG7各国は支持や理解を示している。今後のG7各国の連携や、シリア攻撃を非難しているロシアにどのようなメッセージを発出するかが焦点だ。

 日本は挑発行為を続ける北朝鮮について、大量破壊兵器の脅威が増しているとして拡散防止に向けて各国との連携確認をめざす。中国による海洋進出問題や難民対策、ウクライナ問題も議題となる。会合終了後にG7として成果文書を発表する。

 岸田氏は同日午前(日本時間同日夕)、ティラーソン氏と会談。米国のシリア攻撃について、化学兵器の不拡散に向けた「米国の決意を支持する」との立場を伝える。米中首脳会談を受けた、米国の対北朝鮮戦略についても意見交換するとみられる。

 岸田氏はG7開幕前に米国のほか、議長国イタリアのアルファノ外相、欧州連合(EU)のモゲリーニ外交安全保障上級代表(外相)との会談も予定している。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップアジアトップ

関連キーワードで検索

岸田文雄外務大臣G7シリア

NIKKEI ASIAN REVIEW

COMPANIES TO WATCH

[PR]