急激な円高、財務相「偏った動き続けば介入は当然」

2016/5/10 10:45
保存
共有
印刷
その他

麻生太郎財務相は10日の参院財政金融委員会で、為替市場での急激な円高について「一方的に偏った動きが続くのであれば介入するのは当然のことだ」と述べた。9日の参院決算委員会では「当然介入の用意がある」と述べていた。民進党の大久保勉氏への答弁。

麻生氏は足元の為替の動きについて「かなり急激な勢いで一方的に変移してきているというような感じがしている」との見方を示した。そのうえで、9日の発言の真意は「さらにこの方向が進んでいくのは断固止めねばならんと思っていた」と説明した。「主要7カ国(G7)などでも急激な為替の変動は良い影響を与えないということに対して合意されている」とも述べた。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]