/

この記事は会員限定です

湿布など保険対象外に 厚労省検討、諮問会議で表明へ

[有料会員限定]

厚生労働省は湿布薬などの「市販類似薬」を公的保険の対象から外す検討に入った。塩崎恭久厚労相が10日夕の経済財政諮問会議で表明する。医師が過剰に処方して医療費が膨らむのを抑える狙い。諮問会議では今後の社会保障費について、高齢化に伴う自然増だけでなく、物価上昇や技術革新による伸びも認めるよう求める。

湿布や漢方薬といった市販類似薬は処方箋がなくても薬局で買える。ただ処方箋があれば保険が利き、患者の自己...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り514文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン