/

吉田調書「海水注入、命令違反を覚悟」 原発事故

東京電力福島第1原子力発電所事故に関して、政府の事故調査・検証委員会が吉田昌郎元所長(昨年7月死去)から状況を聞いた「吉田調書」が判明した。原子炉を冷やす決め手となった海水注入に首相官邸で慎重論があり「本店には中止したという報告をした」と証言した。その一方「(原子炉を)なだめるということが最優先課題」と判断し命令違反を覚悟で継続したとしている。

調書はA4判で約400ページで内閣官房のホームページで公開した。政府事故調が聞き取りを実施した700人超の証言の一部だ。

2号機の原子炉の水位が低下した2011年3月14日の心境を「われわれのイメージは東日本壊滅」「本当にここだけは一番思い出したくないところ。本当に死んだと思った」と説明した。

原子炉を冷やすため12日19時04分に海水注入を始めたが「首相官邸にいる(東電の)武黒一郎フェローから電話があり『官邸はまだ海水注入を了解していないので、四の五の言わずにとめろ』と指示があった。現場の防災班長には『(略)絶対に中止してはだめだ』と指示を出し、本店には中止を報告した」としている。

事故を防ぐ対策が甘かったことは認めている。事故時には押し寄せた津波は15.5メートルになったが、「そんなのって来るの」と思っていたと証言した。「うちの敷地は(津波が)3メートルか4メートルぐらいしか来ないから、今の基準で十分もつという判断を1回している」と考えていたことも明らかになった。

事故現場からの退避に関してはこれまで明らかになった関係者の証言が食い違っている。

政府事故調とは別に事故状況を調べた国会事故調査委員会によると、菅直人元首相は15日5時35分ごろ、東電本店を訪れ「撤退などあり得ない。命懸けでやれ」「逃げてみたって逃げ切れないぞ」などと語った。

調書によると吉田氏は「逃げろなんてちっとも言っていないではないか。私としては、非常に状況は危ないから、最後の最後、ひどい状況になったら退避しないといけないけれども、注水だとか、最低限の人間は置いておく。私も残るつもりでした」としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン