/

村山元首相「文言変更は不信買う」 戦後70年談話で

村山富市元首相は9日、戦後70年談話について都内で記者団に「国策を誤ったとか、植民地支配とか侵略とか、そういうことをやってきたことを薄めたり、言い方を変えたりすると誤解を招き、不信を買う」と述べた。

村山氏は「認識と理解は間違えない方がいい」と指摘。「歴史的な事実は率直に認める。これは悪かったと。そして謝る。何度も謝れという意味ではない」と強調した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン