2018年11月15日(木)

日本、4年連続「行きたい国」首位 アジアの旅行客

2015/10/11 19:32
保存
共有
印刷
その他

アジア各国で、訪日旅行の人気が高まっている。アジア8カ国・地域の海外旅行経験者約4000人に聞いたところ、日本は候補地として4年連続の首位となり、候補にあげる人の割合は5割を超す。九州などの地方観光の人気もじわり拡大している。

日本政策投資銀行と日本交通公社が年次調査として7月にネットで調査した。対象は韓国、中国(北京・上海)、台湾、香港、タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシアの外国旅行経験者。

訪日旅行を希望している人の割合は55%で前回の14年調査の水準を維持。12年の初回調査より8ポイント上昇している。今回の調査ではオーストラリア(40%)や韓国(39%)を上回り、旅行計画を具体的に検討している人も増えている。

訪日客には東京―大阪の「ゴールデンルート」や札幌、沖縄が人気だ。ただ訪日経験が2回以上のリピーターに聞くと、神戸が24%(訪日経験がない人で13%)、九州が22%(同8%)と地方観光への関心が強い。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報