/

この記事は会員限定です

東商の会員情報1万件超流出 サイバー攻撃か

[有料会員限定]

東京都区部の中小企業で構成する経済団体、東京商工会議所(会頭=三村明夫新日鉄住金名誉会長)で、会員企業の情報が流出した疑いのあることが9日、分かった。複数の関係者によると、流出の規模は1万数千件にのぼるもようだ。外部からサイバー攻撃を受け、情報流出につながったとみられる。東商は近く、現状までの調査結果の概要を発表する予定だ。

関係者によると、業務などを装った不審な「標的型メール」を開封したことで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り319文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン