/

この記事は会員限定です

農地バンク、賃借料の変動制広がる 利用増狙う

[有料会員限定]

農地の集約を進める農地中間管理機構(農地バンク)が仲介する農地の賃借で、借り手が貸し手に支払う賃借料を10年間据え置きの固定制から地価や米価の動きを反映した変動制に見直す動きが少しずつ広がってきた。2015年度に新たに青森県が導入を決め、福井県も来年度からの導入を決めた。貸し倒れリスクを抑え、低迷する農地バンクの実績を伸ばす。

農地バンクは高齢の農家などから農地や耕作放棄地を借り上げ、整備や大規...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り491文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン