/

AMROが国際機関に IMFなどと連携しやすく

日中韓と東南アジア諸国連合(ASEAN)の経済情勢を監視する「ASEANプラス3マクロ経済調査事務局」(AMRO)が9日に国際機関となった。国際通貨基金(IMF)や世界銀行など他の国際機関と経済情報やノウハウを共有しやすくする。分析を充実させるためエコノミストの増員も検討する。金融市場が混乱気味のなか、アジアの通貨防衛への備えを急ぐ。同組織は従来、シンガポールの法人にとどまっていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン