/

野党、「説明不足」追及強める 安保法案で政府見解

野党側は政府見解は説明不足だとして、政府を一段と追及する構え。10日の衆院平和安全法制特別委員会で、岸田文雄外相や中谷元・防衛相、横畠裕介内閣法制局長官に質問攻勢をかける。

民主党の長妻昭代表代行らは9日、長谷部恭男早大教授と意見交換した。長妻氏は記者団に「話を聞くほど合憲だという人はほとんどいない。与党内に一歩立ち止まって考えなくてはと思う人が出てくる論戦をしなくては」と力を込めた。

維新の党の柿沢未途幹事長は、政府に対して「『合憲だ』とはっきり言う方を見つけて、政府見解をサポートする論拠を示してもらう必要がある」と注文。共産党の赤嶺政賢衆院議員も「水掛け論に終わるようなへ理屈をこねくり回して居直っている」と批判した。

自民党内でも、9日の党総務会で村上誠一郎衆院議員が「違憲訴訟が起きたらどうするのか」などと追及。二階俊博総務会長も記者会見で「急ぐ必要はない。慎重審議のほうが大事だ」と強調した。党執行部は世論を懸念し、全国の支部長に積極的に街頭演説をし、有権者の反応などを報告することを求めた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン