/

この記事は会員限定です

介護報酬2.27%下げで決着 15年度予算案、大枠固まる

利用者・財政負担抑える

[有料会員限定]

政府は9日、介護報酬を来年度から2.27%下げる方針を固めた。引き下げは9年ぶりで、利用者や財政の負担を抑える狙いがある。2015年度予算の最大の焦点だった介護報酬の改定率が決着したことで予算案の大枠が固まった。一般会計の歳出総額は96兆円台半ばで、14年度当初予算の95.9兆円を上回り、過去最大となる。

介護報酬は国が決める介護サービスの価格で、原則3年に1度見直し、15年度が改定年にあたる。個...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1140文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン