/

この記事は会員限定です

超高速通信で交通・農業・医療効率化 総務省、携帯以外に開放

[有料会員限定]

総務省は2020年に実用化する次世代の超高速通信を用いて、社会インフラを整備する。交通や医療、農業の現場で大量の情報をやりとりする仕組みをつくる。携帯電話がほぼ独占してきた通信電波を社会全体に開放して、暮らしや仕事の効率性を上げる。

2017年度予算案の概算要求に必要な費用を盛り込む。システムを構築する通信事業者への税制優遇や補助金を概算要求や税制改正要望に盛り込むことも検討する。

次世代の超高速...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り551文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン