/

マイナス金利「追加的緩和が可能な仕組み」 政府答弁書を決定

政府は9日の閣議で、日銀のマイナス金利政策について「従来の『量』と『質』にマイナス金利を加えた3つの次元で、追加的な緩和が可能なスキームだ」との答弁書を決定した。「大規模な長期国債買い入れとあわせて金利全般により強い下押し圧力を加える」枠組みだと説明した。民主党の長妻昭衆院議員の質問主意書に答えた。

メリットとデメリットは「金利の動向などが金融機関に与える影響は様々で、一概に答えるのは困難」と指摘。量的緩和からの出口戦略も「その時々の経済・物価情勢や市場の状況などによって変わり得る」と説明するにとどめた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン