2018年12月14日(金)

インターバル制、法律に明記 残業上限で労使合意案

2017/3/9 20:23 (2017/3/10 0:05更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

経団連と連合が交渉中の残業時間の上限規制に関する労使合意案がわかった。退社から出社まで一定の休息時間を確保する「勤務間インターバル制度」の普及に向けて企業が努力するよう、法律に明記する。経団連と連合が「月100時間」で大筋合意している繁忙期の残業時間の上限をめぐっては、細部で溝が残っており、大詰めの調整を続けている。

労使合意案では新たに残業時間の上限を設けるのに合わせ、労災や健康被害の防止策を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報