/

この記事は会員限定です

夫婦共働きも税軽減 政府税調、配偶者控除見直し検討

[有料会員限定]

政府税制調査会(首相の諮問機関)は9日に総会を開き、2017年度税制改正に向けた所得税改革の議論を始めた。専業主婦の世帯を優遇する配偶者控除を見直し、共働き世帯の負担も軽くする「夫婦控除」の創設を軸に検討する。増税になる世帯が出るため、実現には曲折が予想される。

安倍晋三首相は9日の総会で「所得税は構造的な変化が求められている。多様な働き方に中立的な仕組みをつくっていく必要がある」と述べた。

首相...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り862文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン