/

この記事は会員限定です

民間税調、政府の所得税改革に注文 「社会保障と一体で」

[有料会員限定]

大学教授や弁護士らが税のあり方を議論しようと2月に立ち上げた「民間税調」(共同代表、三木義一青山学院大教授)が、政府が議論を始めた所得税改革に注文を付けた。社会保障と一体で改革し、低所得者の負担を減らすべきだとした。高所得者は税率を引き上げて負担を高め、所得の再分配機能を強化すべきだと訴えている。

民間税調は三木教授のほか、志賀櫻弁護士らで構成する。政府や与党の税制調査会の議論に対して代案をぶつけ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り335文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン