与野党、狙うは子育て世代 無党派層の取り込み競う

2014/12/10 14:02
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

14日投開票の衆院選が終盤に差しかかりつつあるなか、与野党各党が子育て世代への訴えを強めている。子育て世代の20代~40代は選挙戦の行方を左右する無党派層の中心だ。各党は独自の支援策を演説で語りかけるとともに、「子ども公約」や子育てをテーマにした演説会、ネット戦略など、あの手この手で関心を引き、支持を得たいとしている。

「子どもが生まれてから大学卒業まで教育費の完全無償を目指す。これは維新の党し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]