2019年1月19日(土)

フィッチも日本国債格下げ方向で見直し

2014/12/10付
保存
共有
印刷
その他

大手格付け会社フィッチ・レーティングスは9日、日本国債の格付けを最上位から5番目の「シングルAプラス」から引き下げる方向で見直すと発表した。日本国債の格付けの方向性を「ネガティブ(弱含み)」とする。

フィッチは安倍晋三首相が来年10月に予定されていた消費税率10%への引き上げを延期したことが「格下げにつながるマイナス要因の一つ」と指摘。2020年度の財政健全化目標の達成も「リスクが高まっている」とした。

大手格付け会社ではムーディーズ・インベスターズ・サービスも1日、日本国債の格付けを最上位から4番目の「Aa3」から「A1」に1段階引き下げた。日本国債の市場では今のところ大きな影響は見られていないが、格下げが相次げば信認が揺らぐ可能性もある。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報