/

食料自給率38%、23年ぶり低水準 16年度

農林水産省は9日、2016年度の食料自給率(カロリーベース)が38%になったと発表した。コメが不作だった1993年度の37%に次ぐ低水準。北海道を襲った台風などの影響で小麦やテンサイの生産量が落ち込んだ。

政府は2025年度までに自給率を45%に高める目標を掲げている。輸入飼料を国産に置き換える飼料用米の増産に力を注ぐが、目標達成の道筋は見通せない。カロリーベースの自給率はコメや小麦といった穀物の供給に左右されやすい。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン