2019年2月16日(土)

休眠預金活用で準備室 担当閣僚に一億総活躍相

2016/12/9 19:07
保存
共有
印刷
その他

政府は9日、金融機関で10年以上放置された口座のお金を民間の公益活動に充てる休眠預金活用法の成立に伴い、準備室を内閣府に設置した。同日付で加藤勝信一億総活躍相を休眠預金活用の担当閣僚とすることも決めた。

2017年春に審議会を立ち上げ、1年程度かけて基本方針を作る。19年にも休眠預金の運用を開始する予定だ。預金者が死亡したり預けていることを忘れたりして取引がない休眠預金は年1千億円程度。毎年500億~600億円が金融機関の利益となっていたが、NPO法人や自治会などへの助成や融資に活用する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報