2018年11月21日(水)

「子連れ投票」全面解禁 来夏から、投票率向上狙う

2015/7/21付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は選挙の投票率向上に向け、有権者が投票しやすい環境を整える。これまでは原則として認めていなかった投票所への子どもの同伴を全面的に解禁する。高齢や病気で歩けない人が郵便で投票できる制度の対象を広げるほか、投票日の前に1票を投じる「期日前投票」も早朝や夜間にできるようにする。

秋の臨時国会に公職選挙法改正案を提出する方針。選挙権年齢が18歳以上に下がる来年夏の参院選からの導入を目指す。

投票所へ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報