/

この記事は会員限定です

「原発重大事故、防止へ十分な備え」 規制委の更田委員

[有料会員限定]

九州電力の川内原子力発電所1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)が10日、原子力規制委員会の安全審査に合格した。福島第1原発事故の反省を踏まえて昨年7月に施行された厳格な新規制基準に基づく初の合格で、今冬にも再稼働する見通し。設備面の審査を担当した規制委の更田豊志委員に川内原発が合格第1号となった理由や審査を振り返っての印象を聞いた。

――昨年7月に新規制基準が施行された際、6原発の審査申請がありました。川内原発が合格第1号になった理由は。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1283文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン