/

この記事は会員限定です

「祖父の遺志」 改憲は首相の悲願

[有料会員限定]

安倍晋三首相(自民党総裁)にとって憲法改正は悲願だ。記者会見などで「自民党は結党以来、憲法改正を掲げてきた」と繰り返し強調。1月には参院選の争点に憲法改正を掲げる意向を示し「自民、公明だけではなく、改憲を考えている前向きな責任感の強い人たちと3分の2を構成したい」と語っていた。

源流に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り144文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン