2018年7月17日(火)

改憲勢力「実質74」の攻防 3分の2到達で発議可能に

2016/7/9 20:16
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 参院選は、憲法改正に前向きな自民党、おおさか維新の会、日本のこころを大切にする党の3党と無所属議員、「加憲」を掲げる公明党を合わせて、改正案の国会発議に必要な参院の3分の2(162議席)に達するかが焦点だ。4党の非改選は84議席で、差し引いた78議席が与野党の攻防ライン。少なくても4人の非改選の無所属議員らが改憲に前向きで、実質的には74議席まで下がる。

 改憲は安倍晋三首相(自民党総裁)の悲願だ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報