政府、韓国側に「深い憂慮」 産経前支局長の在宅起訴
現地メディアからも批判

2014/10/9付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

産経新聞の加藤達也前ソウル支局長の記事が朴槿恵(パク・クネ)韓国大統領の名誉を毀損したとしてソウル中央地検が在宅起訴したことを巡り、政府は9日、報道の自由の観点から「深い憂慮」の姿勢を韓国側に示した。与党内で反発が広がり関係改善への悪影響を懸念する声がある。韓国メディアの一部からも批判が出ている。

外務省の伊原純一アジア大洋州局長は9日、省内に金元辰(キム・ウォンジン)駐日公使を呼び「報道の自由…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]