/

川内原発、規制委が10日審査合格へ

九州電力の川内原発(鹿児島県薩摩川内市)=共同

原子力規制委員会は10日午前の定例会合で、九州電力川内原子力発電所(鹿児島県薩摩川内市)の再稼働に向けた安全審査の合格証明書にあたる「審査書」を正式決定する見通しだ。工事計画の認可や機器の検査など、残る手続きが順調に進めば今冬にも再稼働する。

一方、鹿児島県の伊藤祐一郎知事は9日に開かれた9月県議会で、川内原発の半径10キロ以遠の医療機関や社会福祉施設の要援護者について、重大事故発生時に空中放射線量の状況に応じて避難先を選ぶ仕組みを「10月をメドに整備する」と述べた。

伊藤知事は、在宅の要援護者についても「避難支援計画の作成を早急に進める」と明言した。また、「再稼働は安全性の確保が大前提。まず国が安全性を十分に保証する必要がある」と述べ、国による責任の明確化を求めた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン