河野外相、カタール断交の仲介に意欲

2017/9/9 18:51
保存
共有
印刷
その他

【ドーハ=林咲希】河野太郎外相が中東歴訪をスタートした。9日午前(日本時間同日夕)にカタールの首都ドーハでムハンマド外相と会談。サウジアラビアなどとカタールの断交問題に触れ「日本としても仲介など支援をする用意がある」と伝え、対話による早期解決を促した。ムハンマド氏は「日本の立場に感謝したい」と応じた。

河野氏は中立的な日本の立場を生かし、中東外交に積極的に関与していく考えだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]