/

この記事は会員限定です

官民6ファンド、18年度財投要求1.7倍に

[有料会員限定]

2018年度の財政投融資(財投)計画を巡り、6つの官民ファンドの要求額が17年度当初計画比1.7倍の4365億円に膨らんだ。長期のリスクマネーを供給する産業投資(産投)と呼ばれる資金が大半で、国際協力銀行からの要求も増えた。一般会計予算の制約が強まる中で「第2の予算」の財投に官民ファンドの要求が集中しており、年末にかけて絞り込みが必要になる。

産投から出資している9つの官民ファンドのうち6ファンド...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り415文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン