黒子が支える外交の大舞台 シェルパ、信頼が開く針路

2016/5/26 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

華やかな主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)の舞台裏で、猛烈な準備に追われていた黒子たちがいる。シェルパ――。主要7カ国(G7)首脳の指示を受け、緊密に連絡を取り合いながら、サミットの成功に向けて落としどころを探り合う。もともとは「登山者が山の頂上(サミット)にたどり着くため手助けする案内人」を意味する尊称が与えられる。縁の下の舞の動きを追う。

議長を務める安倍晋三首相のシェルパである長嶺安政外務…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]