/

この記事は会員限定です

尖閣接続水域に中国軍艦 初確認、政府が大使に深夜抗議

(更新) [有料会員限定]

9日午前0時50分ごろ、中国海軍の艦船が沖縄県の尖閣諸島周辺の接続水域を航行しているのを海上自衛隊が確認した。斎木昭隆外務次官は午前2時すぎ、外務省に中国の程永華駐日大使を呼んで抗議し、直ちに接続水域から出るよう要求。艦船は午前3時10分ごろ接続水域の外に出た。中国海軍の艦船が接続水域に入ったのは初めて。安倍晋三首相は警戒監視に万全を期すよう指示した。

防衛省によると、中国海軍の艦船は日本の護衛艦...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1087文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン