2018年11月16日(金)

海外投資家、公的資金の下支え期待 日銀も買い余力

2014/8/10付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

株式市場では、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)や国家公務員共済組合連合会、日銀、かんぽ生命保険など、いわゆる「公的マネー」による株価下支えへの関心が強い。「とりわけ海外投資家の注目度は非常に高く、公的資金が買い増して株価が上がりそうな銘柄を先回りして買って売り抜けるケースも多い」(外国証券)という。

市場では「安倍晋三首相は内閣支持率を維持するために株価を重視して政権を運営している」と…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報