政策参与に森本氏ら復帰 防衛省

2017/8/8 21:20
保存
共有
印刷
その他

防衛省は8日、小野寺五典防衛相の政策参与に森本敏元防衛相、西正典元防衛次官、折木良一元統合幕僚長を起用した。3氏はいずれも政策参与の経験者。森本、西両氏は稲田朋美防衛相時代の2016年末にそろって辞任し、その後は参与は不在だった。折木氏は小野寺氏が前回防衛相だった14年に参与を務めていた。

小野寺氏は辞令交付で、南スーダン国連平和維持活動(PKO)の日報問題が「防衛省、自衛隊に対する国民の信頼を傷つけた」と言及。組織の立て直しに向け「豊富な経験と高い見識を生かし私を補佐してほしい」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]