2018年10月20日(土)

TPP輸入関税、農水産品の半数撤廃 オレンジは8年目

2015/10/9付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

農林水産省は8日、環太平洋経済連携協定(TPP)の大筋合意を受け、幅広い農林水産品の関税をTPP発効後に撤廃すると発表した。輸入関税をかけている834品目のうち、約半数が対象になる。関税がなくなる農水産品には、オレンジ、トマトソース、銀ザケや牛タンなどなじみ深い食品も多い。価格が下がる食品が増え消費者に恩恵が及びそうだ。

日本はTPP交渉で、コメや小麦などの「重要5品目」の関税を守り通したが、そ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報